ラーメンスープ・タレ繁盛レシピ  「担々麺」

HOME > ラーメンスープ・タレ繁盛レシピ >   > 痺れる辛み四川風担々麺

痺れる辛み四川風担々麺

痺れる辛み四川風担々麺

◆痺れる辛み四川風担々麺

中国四川では担々麺というと汁なしを指しますが、昨今では四川料理専門店でも汁ありの担々麺が一般的になってきました。四川風の花椒油とラー油で辛みを効かせたスープに、専用のごまだれを掛け合わせて作る、ワンランク上の担々麺メニューです。

痺れる辛み四川風担々麺

かえしたれとごまだれで作る本格的な四川風担々麺。花椒油の痺れる辛みと爽やかな香り、ゴマの豊かな風味が堪能できます。

作り方

1.たっぷりのお湯で麺を茹でます。
2.中華鍋で豚ひき肉50gとにんにく味噌25gを炒めます。
3.極旨担々麺スープのかえしたれ60gとごまだれ30gをガラスープ360mlで割り丼に入れます。
4.茹で上げた麺を丼に入れます。
5.炒ったカシューナッツや肉味噌など具材を盛り付けて完成です。

※白湯ガラスープは「香高湯(B-81)」または「粉粉豚骨スープ」の3倍希釈がおすすめです。

具材

・豚ひき肉 ・カシューナッツ ・ねぎ ・チンゲン菜 ・ラー油
にんにく味噌(E-957)