業務用スープ・タレを活用した売れる開発-ラーメンスープ・タレ.com

HOME > 開発工房 > オーダーメイドの流れ

PBとはプライベートブランドの略。独自に企画した商品を製品化し、販売する商品のことを言います。コンビニエンスストアやスーパー、デパートではすっかりおなじみとなりました。和弘食品ではラーメンスープ・たれを中心に各種調味料のPB商品製造に特化しており、あらゆるお客様のご要望にあう味作りをサポートしております。

 ラーメンスープをPBにする利点ってなんだろう?

こだわって良いラーメンを作ることはとても大変なことです。
スープの仕込みを徹底しようと考えた場合、ブレがなく均一な味を保ち続けるには、その技術を育てる時間や人件費、そして光熱費がかかります。 特にガラスープは原材料の仕込みからはじまり、下処理、長時間の煮込み、アク取り作業など、たくさんの手間と時間が費やされています。
多店舗運営を考えるラーメン店主にとって、「大量のもとだれやガラスープ」を「一定の品質を保ち」ながら「店の味」を守らなければならないというのは簡単なことではありません。

そんなラーメン店主のお悩みを解決するカギは『 もとだれ・スープのPB化 』にあります!

自店で丹精込めて作ったもとだれやスープを、味はそのままに当社に生産を委託することができます。
自店ですべて作る必要はないのです。人件費や光熱費のほか、かける手間や味の統一化などを考えれば、スープ・たれを委託した方が安くなるケースが多々あります。また、原材料の仕入れや衛生面の観点からみた利点もあります。

オーダーメイド(商品化まで)の流れ

お問い合わせはこちら

和弘食品のPB開発特徴

  • 小ロットの対応が可能
  • 抜群の再現力
  • お客様へのスピード対応力
  • 豊富なストックレシピ
  • 圧倒的な情報提供力
  • 強力なパートナーシップ

このページの先頭へ